贈り物についての知識~熨斗とは~

熨斗とは

 

(↑写真)

 

のし(熨斗)とは、結婚式の内祝いなどフォーマルな贈り物のシーンで添えられる飾りのことを指しています。のし紙自体が「のし」と思う方が多いですが、正確にいうと「のし」は水引の右上にある六角形の飾りのことを指しています。
この飾りがのしと呼ばれることから、のしと水引が印刷された紙や袋は「のし紙」「のし袋」と言います。

 

(のしあわびの図)

のしはもともと鮑(あわび)を薄く熨して作る「のしあわび」から始まっています。
鮑(あわび)は長寿を示す縁起物とされているため、贈答品に添えられていたとされています。また、のしがつかない場合(仏事・弔事用など)は「のし紙」ではなく「掛紙」と呼びます。

 

熨斗(のし)の構成について

(のしの構成の図)

 

①のし
右上についている「のしあわび」を指します。
おめでたいことにつけるものなので、弔事用にはつけません。
②水引き
本来は贈り物を包むときに使う紐のことで、主に「蝶結び」と「結び切り」を用います。
③のし紙・のし袋
「のし」と「水引き」が印刷された紙のことです。
※弔事用など、のしが付かない場合は「掛紙」と呼びます。
④のし上
「表書き」とも言います。
「御結婚御祝」「出産内祝」など、どういった用途かを記載する部分です。
⑤のし下
「名入れ」とも言います。
誰からの贈り物かを表すため、贈り主様の名前を記載します。名入れは姓名のフルネームで入れるのが一般的ですが、
出産内祝いの際の名入れは、生まれた子供の名前のみを書きます。

 

水引きについて


贈り物の用途によって、水引を使い分けます。
水引には主に「蝶結び」と「結び切り」があります。

 

(蝶結びの図)

◆蝶結び
「蝶結び」は何度でも結び直せることから、「何度繰り返しても良いお祝い事やお礼」に使用します。
お食い初め(新生児の生後100日に行われる儀式)や七五三、入学・卒業、成人といった子どもの成長を祝う行事や、出産や長寿のお祝いなどに使用するのが主流で、お中元やお歳暮、内祝いにも用いられます。こういった一般的なお祝い事は蝶結びになります。

 

(紅白結び切りの図)

◆紅白結び切り
「結び切り」は、一度しかないことに使用します。ひもの本数や色によって意味が変わります。
「結び切り」は、「蝶結び」とは違って、結び目が簡単にほどけないことから、一度きりであってほしいお祝い事に用います。また、これらの内祝いにも最適です。
結婚祝いをはじめ、お見舞い、快気祝いなどが代表的です。蝶結びが不適切なお祝い事の際は、「結び切り」を選びましょう。

 

(図)

◆白黒結び切り
「黒白結び切り」は、告別式前後の御霊前や御供に用います。
お通夜や葬式の香典、法要のお供え物などには、「黒白結び切り」を使いましょう。

 (図)

◆金白結び切り
関東地方ではあまり馴染みのない「金白結び切り」は、主に関西地方で用いられます。
用途は「黒白結び切り」と同様で、お通夜や葬式の香典、法要のお供え物など、告別式前後の御霊前や御供に使用します。

 

包装紙の掛け方は~内のしと外のし~

のしには「内のし」と「外のし」があり、シーンに合わせて選ぶ必要があります。

 

(外のし・内のしの図)


内のし
贈答品に直接のしをかけて上から包装紙で包みます
“贈る”ということを控えめに表現したい「内祝い」で多く用いられます

外のし
包装紙の上からのしをかけることを言います
結婚・出産祝いで多く用いられます

※久保木畳店の一部の商品は性質上、のし・包装をお付けできません。
その場合、ご購入時にのし・包装の選択がご選択いただけないようになっております。

ギフトをお求めの際は、ギフト商品(リンク)をお買い求めくださいませ。

 

 

熨斗(のし)・掛け紙の種類についてはこちら(リンク)をご覧くださいませ。

Retour au blog